読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫に夢研究所

自分の備忘録を公開している感じです。国立大学法人で大学図書館職員(図書系職員)として働いています。みなし公務員です。

4年以上前の国立国会図書館採用試験の過去問

研究ノート

過去の試験問題|国立国会図書館―National Diet Libraryだと直近3年分の過去問しか公開されていないので、 国立国会図書館インターネット資料収集保存事業WARP)のアーカイブページを使って、4年以上前の過去問を含めたリンク集を作りました*1

WARPで過去の国立国会図書館のWebサイトを適当に見て遊んでるうちに、この記事を思いついたんですが、Webサイト全体がかなりきれいな状態で保存されていました。どんどんリンク先に進めておもしろいです。学生時代には、卒業研究で使いたかったものが元のWebサイトから消えてしまっていたときに活用させていただきました。

目次


国立国会図書館採用試験の過去問一覧

すべてWARPへのリンクです。


国立国会図書館の過去問も国立大学法人等職員採用試験の図書系の過去問も2004(平成16)年からは公開されている

今回、WARP国立国会図書館採用試験の過去問を探したところ、2004(平成16)年まではさかのぼれました。最も古い2004年の図書館情報学(Ⅰ種)の問3は、WARPに関連する問題でした。

問3 ネットワーク情報資源(ネットワーク系電子メディア)の収集・保存について、次の(1)~(3)の設問に解答しなさい。
(1) 国内または海外の国立図書館によるネットワーク情報資源の収集・保存に関する事業・プロジェクト等の名称を一つ挙げなさい。また、その概要について説明しなさい。
(2) 国立国会図書館では、納本制度におけるネットワーク情報資源への対応について検討がなされている。その概要について説明しなさい。
(3) ネットワーク情報資源の収集・保存をめぐる課題を三つ挙げなさい。ただし、法的課題を一つ含めること。

一方、国立大学法人等職員採用試験の図書系の過去問は、法人化後の2004年から各地区の採用ページで公開されています。法人化前は公開されているのかどうかわかりません。

どちらとも2004年から試験問題の公開を始めたということなのかな? それとも、実はもっと前から公開されているけど、探し方が悪かった?


私の国立国会図書館採用試験の思い出

いかに適当に就職活動していたことか。

*1:もしかしたら、「国立国会図書館の採用試験を受けるなら、これぐらい探せ」と試されているのかもしれませんね。