読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫に夢研究所

自分(@nekoniyume)の備忘録です。大学図書館職員(図書系職員)として働いています。

2016年7月に読んだ本

読書ノート(記録/感想/書評/レビュー)

6冊読了。

伊藤真民法入門 第5版』

伊藤真の民法入門 第5版

伊藤真の民法入門 第5版

  • 読みやすい文体でページ数も少ないので、すぐに通読できた。
  • 図が多く、イメージしやすかった。
  • 重要なところが青色の字で示されているが、見えにくかった。ほかの色にしてほしい。


『現場で役立つ! ハンコ・契約書・印紙のトリセツ』

現場で役立つ! ハンコ・契約書・印紙のトリセツ

現場で役立つ! ハンコ・契約書・印紙のトリセツ

  • タイトルのとおりの本。
  • ハンコと契約書について学ぶことができ、腑に落ちた。
  • 内容がよくまとまっていると思う。
  • とてもわかりやすく、読みやすかった。
  • 紙質がかたく開きづらくて、物理的には読みにくかった。


伊藤真行政法入門 第2版 (講義再現版)』

  • 読みやすい文体でページ数も少ないので、すぐに通読できた。
  • 重要なところが青色の字で示されているが、見えにくかった。ほかの色にしてほしい。


伊藤真の法学入門 講義再現版』

伊藤真の法学入門 講義再現版

伊藤真の法学入門 講義再現版

  • 随所に法学学習の心構えやポイントが書いてある。
  • 「第5編 法の使い方、学び方」は今後、学習をすすめる上で参考になった。
  • 読みやすい文体でページ数も少ないので、すぐに通読できた。
  • 重要なところが青色の字で示されているが、見えにくかった。ほかの色にしてほしい。


『ウェブらしさを考える本 (丸善ライブラリー―情報研シリーズ)』

ウェブらしさを考える本 (丸善ライブラリー―情報研シリーズ)

ウェブらしさを考える本 (丸善ライブラリー―情報研シリーズ)

  • 判型は、新書と同じ。
  • 読みやすかった。
  • 出版社のウェブサイトで全文が読める(p.185)。
  • ティム・バーナーズ=リーにとても敬意を払っているように感じた。
  • CiNiiサーバの写真が掲載されていた(p.13)。
  • ブログについても言及がある(p.92)。
  • ツールの使い方はあとから決まる(p.35)

  • 分散型システムのように、システム全体の規模の拡大に比例して性能を上げることができる場合を「スケールする」と言い、逆に中央集権型システムのように、増加に対して性能がある地点で頭打ちになってしまうものを「スケールしない」と言います(p.50)

  • ウェブのやり方というのは、事前に入念な計画を練ってその通りにシステムをつくるのではなく、とにかく提供してみて相手の反応を見ながら変えていくほうがうまくいくようだということが理解できます(p.171)

  • 「ウェブらしさ」の条件(p.174-180)
    • オープンさ
    • 他人にゆだねる(評価は他人が決める)
    • 時間にゆだねる(評価はあとで決まる)
    • つながりを重視(情報のリンク・人々のネットワーク)
    • ベストエフォート(完璧でなくとも最大限の努力をする)
  • 学術論文がそうであるように、既知の情報はすべて公開するというしくみによって、人類が新しい知識を獲得できたり、少なくともそれが本当に新しいものかどうかを知ることにつながります(p.175)

  • まずはやってみる、そして反応を見て改良するというフィードバックの繰り返しこそが創造の源泉だとも言えるでしょう(p.178-179)


『からくりインターネット アレクサンドリア図書館から次世代ウェブ技術まで [丸善ライブラリー]』

からくりインターネット アレクサンドリア図書館から次世代ウェブ技術まで [丸善ライブラリー]

からくりインターネット アレクサンドリア図書館から次世代ウェブ技術まで [丸善ライブラリー]

  • 判型は、新書と同じ。
  • 読みやすかった。
  • 自然言語処理機械学習をメインテーマとしたインターネットの本。序章「世界のすべての本をアレクサンドリアに」では、図書館の話題を扱っている。
  • 現在の情報学は主に数理的な方法を用いるコンピュータ・サイエンス(cumputer science)ですが、そもそもは伝統的な図書館学に、文献情報の管理・検索に関する学問領域を取り入れた図書館情報学(library and information science)ともかかわりの深い分野です(viii)

  • 実は、コピーされない情報はすぐに消えてしまい、長い時間生き残ることができません(p.83)

  • コンピュータによって導き出される新しい「知」は、大量の事例や具象物(インスタンス)を重視します(p.150-151)


読んだ本一覧

猫に夢の蔵書目録 - 2016年07月 (6作品)
powered by Booklog