猫に夢研究所

自分の備忘録を公開している感じです。国立大学法人で大学図書館職員(図書系職員)として働いています。みなし公務員です。

ダン・ギルモア著『あなたがメディア! ソーシャル新時代の情報術』読了

ダン・ギルモア著『あなたがメディア! ソーシャル新時代の情報術』を読了しました。

  • 読了日20200730
  • 入手日20200723
  • メルカリで古本を購入した。
  • 帯の情報。
  • 索引あり。
  • 翻訳本なので読みづらいところもあった。流し読みしたところもある。
  • SNSやブログをするうえで参考になった。
  • 「メディア消費のルール」と「信頼されるメディアづくりのルール」がいいと思った。
  • メディア消費のルール(p.75-101)
    1. 疑ってみる
    2. 自分で判断する
    3. 視野を広げる
    4. 質問をし続ける
    5. メディアの手法を学ぶ
  • 信頼されるメディアづくりのルール(p.156-180)
    1. 徹底的に
    2. 正確に
    3. 公平に礼儀正しく
    4. 独立して考える
    5. 透明性を保つ
  • フルテキストが訳者のウェブサイトでオープンアクセスになっている。

目次は、以下のとおり。

推薦のことば
はじめに クレイ・シャーキー

第0章 大震災、ウィキリークスビンラディンの死が示したメディアの未来(日本語版のために)
大震災、その時人々は/ウィキリークスと透明性/ビンラディンとメディアの変化

英語版序章

【第1部】
第1章 メディア進化論
人類のたどった道/メディア企業の興亡/救いの手は民主化された情報/信用と信頼性/イノベーションと参加/他の誰でもない、やるのは私たち

第2章 行動する利用者になる―ルールの数々
メディア消費のルール1・疑ってみる(両論併記の誤り/説得のために雇われる)/[コラム]アップルの怖い話/2・自分で判断する/3・視野を広げる(前提を疑う)/4・質問をし続ける/5・メディアの手法を学ぶ/緩やかなニュース文化に向かって(ニュースを減速させる/新たなニュースの周期)

第3章 メディアクティブな消費者のためのツールと手法
いい情報を探す/信頼の目盛り/よく調べる(ウェブサイトをチェックする/正確さを探る/偏向を探す/リスク、統計、ウソ)/[コラム]ウィキペディア問題/匿名と仮名/(あらゆる種類の)ジャーナリストと話す/新しいメディア監視機関/反響室からの脱出

第4章 ジャーナリズムの進化する生態系
市民ジャーナリズムが未来を決める/速報ニュースが市民ジャーナリズムになる/権利擁護団体: 限りなくジャーナリストな人々/ジャーナリズムの生態系への貢献/参加の方法はいくつもある

【第2部】
第5章 信頼されるメディアづくりのルール
1・徹底的に/2・正確に/3・公平に礼儀正しく/4・独立して考える/5・透明性を保つ/世界観について/[コラム]コンシューマー・リポート誠実さの実践/ブロガーよ、白状せよ/強制されるネットの透明性/誠実さは力か?

第6章 信頼されるクリエーターのためのツールと戦術
テキスト: メーリングリストや電子掲示板/ソーシャルネットワーク: フェイスブックなど/ブログ/ツイッター(ミニブログ)/オーディオ: ポッドキャストなど/ビジュアル: 写真とビデオ/マッシュアップAPI、タグなど/コンテンツ管理システム/モバイル、新たなフロンティア/利用規約など/コミュニティー/荒らしと破壊/テクノロジーを超えて

第7章 ネットで存在感を持つ
あなたの場所(私はブランド?)/ホームページ: 自分へのポータルサイト/自己紹介/ブログ/デザイン/見つけてもらう/ユアスペース―名前を確保する/ドメインを使いこなす/ホスティング/情報の安全対策(バックアップ)/データ移植/名誉を守る

第8章 起業家がジャーナリズムを救う、そしてあなたもその一人かもしれない
警告されていた未来と無視されたアドバイス/実験は安上がり/既存メディアの実験/政府の介入/ベンチャー文化/私が報道機関を経営するなら・パート1/私が報道機関を経営するなら・パート2/さあご一緒に: ジャーナリズムの未来は明るい

【第3部】
第9章 法と規範
法と秩序(プライバシーと監視/[コラム]プライバシーとフェイスブック――私が退会し、再加入した理由/いじる自由: ところで、あなたのアイフォーンは誰のモノ?/オープンなネットワーク/著作権と削除/法律情報/名誉毀損、その他のリスク/立ち上がれカメラマン/情報公開: 公文書/シールド(情報源秘匿)法/検察官の勇み足)/規範と慣習(言葉の逆襲/判断は明快でも単純でもない)

第10章 メディアクティブを教え、学ぶ
メディアリテラシー/教え、学び、実践する(学校/[コラム]教師とメディアリテラシーについてダナ・ボイドが語る/保護者/友人と同僚/ジャーナリスト)/メディアのスキルと市民のエンゲージメント/ジャーナリズム教育のチャンス/みんなが担い手

第11章 未来への道
テーマとベースライン、ばらばらの記事ではなく/更新と訂正を更新し続ける/シンクタンク/信頼、評判など/ピュリツァー賞を見直す/政策を正す(ネットワーク市場の失敗が迫ってくる)/報酬システム/アイデンティティーと説明責任/メディアリテラシー/会話を続ける

エピローグ
謝辞
訳者解説 メディアで今起きていること 平和博
索引・参考URL巻末