読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫に夢研究所

自分の備忘録を公開している感じです。国立大学法人で大学図書館職員(図書系職員)として働いています。みなし公務員です。

講演『学びの経験をデザインする! ~キュレーション、リーダーシップ、そしてRIKEJO的マインド~』の聴講メモ

研究ノート 活動記録

第57回中国四国地区大学図書館研究集会で行われた講演『学びの経験をデザインする! ~キュレーション、リーダーシップ、そしてRIKEJO的マインド~』の聴講メモです。

目次


第57回中国四国地区大学図書館研究集会の概要


講演『学びの経験をデザインする! ~キュレーション、リーダーシップ、そしてRIKEJO的マインド~』

大学時代に美馬先生の著書『「未来の学び」をデザインする―空間・活動・共同体』を読んだことがあったので、今回直接お会いできるのをとても楽しみにしていました。この本は、とても読みやすいのでオススメです。今回の講演のなかでも触れられていました。

「未来の学び」をデザインする―空間・活動・共同体

「未来の学び」をデザインする―空間・活動・共同体


聴講メモ

全体のバランスや文脈は考慮せず、講演を聞いたなかで自分が興味を持ったところを中心に列挙しました。


美馬のゆり先生は、広中平祐先生のお弟子さん(門下生)

美馬先生は、広中平祐先生のお弟子さん(門下生)とのことです。私は高校生のとき理系*1で、山口県出身の数学者として広中平祐先生を尊敬していたので、勝手ながら親しみを感じるとともに興奮しました。

ちなみに、『生きること学ぶこと (集英社文庫)』を読むと、広中平祐先生の人柄と学問のおもしろさが伝わってきます。学びと創造(研究?)のヒントが満載です。以前、お会いしたときにこの本にサインしていただきました。

生きること学ぶこと (集英社文庫)

生きること学ぶこと (集英社文庫)

*1:とくに『フェルマーの最終定理 (新潮文庫)』を読んで、数学かぶれのときがありました。