読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫に夢研究所

自分の備忘録を公開している感じです。国立大学法人で大学図書館職員(図書系職員)として働いています。みなし公務員です。

『大学図書館が担う、分野を超えた知の可能性』(筑波大学OCW)

研究ノート

池内有為さんの『大学図書館が担う、分野を超えた知の可能性』(筑波大学OCW)がおもしろかったです。

ocw.tsukuba.ac.jp

  • オープンアクセス、オープンデータ、オープンサイエンスを中心とした学術情報流通について、すぐに読める分量でわかりやすくまとめてある。
  • オープンデータ、メタデータ、DOI(デジタルオブジェクト識別子)といった関連用語が説明されている。
  • 図が分かりやすい。
  • 1分半から6分程度の動画による説明もある。
  • 図書館以外の方に学術情報流通について説明するときに使えそう。
  • 池内有為さんのWebサイトは、下記のとおり。


大学図書館が担う、分野を超えた知の可能性 — 筑波大学オープンコースウェア|TSUKUBA OCWの下部にある日付を見ると2015年3月23日となっているので、1年以上気づかなかったようです。以前、筑波大学オープンコースウェア|TSUKUBA OCWで公開されている図書館関連の動画を紹介しましたが、そのときは気づかなかったです。他にも図書館関連のものがあるのかな?


ちなみに他大学だと、中央大学で『情報貧国ニッポン: 課題と提言 (図書館サポートフォーラムシリーズ)』と同名の動画が公開されています。