読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫に夢研究所

自分の備忘録を公開している感じです。国立大学法人で大学図書館職員(図書系職員)として働いています。みなし公務員です。

第15回図書館総合展の参加メモ:10月30日(水)

活動記録 研究ノート

第15回図書館総合展の参加メモです。
次は、2013年10月30日(水)。

2013年10月30日(水)に参加したフォーラムは、以下の3つです。

『教育・学習支援に取り組む図書館員に今、求められるもの〜事例から探る“教育・学習センター”としての図書館の未来像〜』

ディスカバリーサービスのさらなる「日本化」を目指して』

『ここが図書館情報の最前線!!−情報を未来につなげるカレントアウェアネス・ポータル−』

(関連記事)
第15回図書館総合展に参加します! - 猫に夢研究所
第15回図書館総合展の参加メモ:10月29日(火) - 猫に夢研究所
第15回図書館総合展の参加メモ:10月31日(木) - 猫に夢研究所



『教育・学習支援に取り組む図書館員に今、求められるもの〜事例から探る“教育・学習センター”としての図書館の未来像〜』
URL:http://2013.libraryfair.jp/node/1629
コーディネーター:野末俊比古
講師:郄畑悦子、高橋可奈子、岡部晋典、鈴木夕佳
主催:丸善株式会社
日時:10月30日(水)10:00〜11:30

[内容]
1.趣旨説明
 (野末俊比古)
2.事例発表1:追手門学院大学附属図書
 (郄畑悦子)
 ・学生参加の教育・学習支援取り組み事例と今後の展開など
3.事例発表2:ソニー学園湘北短期大学図書
 (高橋可奈子)
 ・読書指導や情報リテラシー教育の取り組みなど
4.事例発表3:同志社大学ラーニング・コモンズ
 (岡部晋典、鈴木夕佳)
 ・アカデミック・インストラクターによるアクティブ・ラーニングの取り組みなど
5.パネルディスカッション
 ・コーディネーター:野末俊比古
 ・登壇者:郄畑悦子、高橋可奈子、岡部晋典、鈴木夕佳
6.総括
 (野末俊比古)

[メモ]
追手門学院大学附属図書館では、学生が講師をするデータベース講習会を実施している。
←どんな内容・雰囲気なのか詳細が気になります!
ソニー学園湘北短期大学図書館の「にぎわいフロア」、「しずかフロア」というネーミング、いいですね!こういう響きは好きです!
同志社大学ラーニング・コモンズのコンセプトは、「知的欲望開発空間」。目標は、「主体的な学びの進展」、「授業外学習の「質」の転換」。ミッションは、「学生の主体的な学びを支援する」。
←「知的欲望開発空間」という響きがなんだかおそろしい……。いい意味で。



ディスカバリーサービスのさらなる「日本化」を目指して』
URL:http://2013.libraryfair.jp/node/1648
講師:飯野勝則
主催:日外アソシエーツ株式会社
日時:10月30日(水)13:00〜14:30

[内容]
1.はじめに
2.ディスカバリーサービス
3.ウェブスケールとスケーラビリティ
4.BIG4
5.日本化へのステップ
6.コンテンツの日本化
7.Summonと日本語コンテンツに見るWin-Win関係
8.一方的Win-Win関係(?)「棚からぼたもち」
9.データベースの価値を再認識するあるアクシデントを通じて
10.日本語対応から日本化へ:APIによるSummonのユーザビリティ向上の試み
11.BOOKデータASPサービス(BOOK API
12.SummonにおけるBOOK API実証実験
13.近未来への展望:さらなる「日本化」に向けて

[メモ]
・日本語もベンダーにとっては世界中のユーザーが使う言語のひとつでしかない。
・日本語によるディスカバリーサービスでの図書検索は、OPACにおける図書検索と遜色ないものでありたい。すなわち、OPACで可能なことはディスカバリーサービスでも可能であってほしい。
←激しく同意です!
・BOOKデータASPサービスがディスカバリーサービスに活用できれば、かなり便利になりそう!

(参考)
BOOKデータASPサービス
http://www.nichigai.co.jp/database/book_asp.html
第15回図書館総合展の個人的なふりかえり
http://cheb.hatenablog.com/entry/2013/11/02/190726
岐阜県図書館、研修資料「最近のOPACの動向 - 次世代OPACディスカバリーサービス」を公開
http://current.ndl.go.jp/node/24850
岐阜県図書館・岐阜大学図書館研修会でおはなししてきました
http://cheb.hatenablog.com/entry/2013/11/08/183632



『ここが図書館情報の最前線!!−情報を未来につなげるカレントアウェアネス・ポータル−』
URL:http://2013.libraryfair.jp/node/1652
発表者:佐藤翔、林豊、依田紀久
司会:兼松芳之
主催:国立国会図書館
日時:10月30日(水)15:30〜17:00

[内容]
1.カレントアウェアネス・ポータルの概要
 (依田紀久)
2.CAポータルはきっとみんなで作るもの!:若手の成長という観点から
 (林豊)
3.CAポータルモデルに学ぶ:今日からあなたも最前線へ!
 (佐藤翔)

[メモ]
Twitterハッシュタグは、 #CAフォーラム
・資料は、次の4つ。会場配布資料(pdf)プレゼン資料1(依田紀久, pdf)プレゼン資料2(林豊、pdf)プレゼン資料3(佐藤翔, pdf)。カレントアウェアネス・ポータルの「このサイトについて」にあります。
・1番笑えたフォーラムでした!
・CAポータルは、図書館職員にとっての新聞。
・使用者の所属は、大学図書館が一番多い。
←自分もその1人です!
・CA-Rでは、裏側の業務を見せている。CA-R=情報収集活動。裏側の仕事をサービスにすることで、業務量を(あまり)増やさずにサービス満足度UP!!
←おもしろいな。
・カレントアウェアネス・ポータルの記事数が増えて、データベースのような役割も果たすようになってきた。
・カレントアウェアネス・ポータルモデルの提案。
←納得!
・僕も執筆者になれるように、実力をつけよう!
Togetterのまとめは、フォーラム「ここが図書館情報の最前線!! ―情報を未来につなげるカレントアウェアネス・ポータル―」 (2013年10月30日:図書館総合展)

(参考)
E1502 - 図書館総合展フォーラム「情報を未来につなげるCAポータル」
http://current.ndl.go.jp/e1502
フォーラム「ここが図書館情報の最前線!! ―情報を未来につなげるカレントアウェアネス・ポータル―」 (2013年10月30日:図書館総合展
http://togetter.com/li/584585
第15回図書館総合展の個人的なふりかえり
http://cheb.hatenablog.com/entry/2013/11/02/190726
カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/
このサイトについて
http://current.ndl.go.jp/about
@ca_tweet
http://twitter.com/ca_tweet



以上が、2013年10月30日(水)に参加したフォーラムでした!



(関連サイト)
第15回 #図書館総合展 関連まとめ
http://togetter.com/li/584315
第15回図書館総合展の個人的なふりかえり
http://cheb.hatenablog.com/entry/2013/11/02/190726
図書館総合展で印象に残った展示など
http://yawatosho.hateblo.jp/entry/2013/11/01/010642
図書館総合展中間報告
http://hitsujitoshokan.blog.fc2.com/blog-entry-188.html
E1502 - 図書館総合展フォーラム「情報を未来につなげるCAポータル」
http://current.ndl.go.jp/e1502
フォーラム「ここが図書館情報の最前線!! ―情報を未来につなげるカレントアウェアネス・ポータル―」 (2013年10月30日:図書館総合展
http://togetter.com/li/584585
第15回 #図書館総合展 The University Library of the Future− #大学図書館の未来
http://togetter.com/li/584414
The University Library of the Future−大学図書館の未来− 1/2
http://www.ustream.tv/recorded/40342463
The University Library of the Future−大学図書館の未来− 2/2
http://www.ustream.tv/recorded/40344232
あなたはいないだろう:行かなかった図書館総合展から
http://d.hatena.ne.jp/shomotsubugyo/20131111/p1
図書館総合展大交流会2013の報告と運営手法について
http://shibure.hatenablog.com/entry/2013/11/06/235951