猫に夢研究所

自分の備忘録を公開している感じです。国立大学法人で大学図書館職員(図書系職員)として働いています。みなし公務員です。

第15回図書館総合展の参加メモ:10月29日(火)

第15回図書館総合展の参加メモです。
まずは10月29日(火)。

10月29日(火)に参加したフォーラムは、以下の3つです。

  • 『図書館員のためのアクティブラーニング体験講座−“学び合い場”を創り出すために−』
  • 学術情報リテラシー教育の現在〜東京大学の活動を中心に〜』
  • 『DRF10:躍動するオープンアクセス【第3部】機関リポジトリはここまで来た、そしてどこへ向かうのか』

フォーラムとは別に、『図書館総合展大交流会2013』にも参加しました。

(関連記事)
第15回図書館総合展に参加します! - 猫に夢研究所
第15回図書館総合展の参加メモ:10月30日(水) - 猫に夢研究所
第15回図書館総合展の参加メモ:10月31日(木) - 猫に夢研究所



『図書館員のためのアクティブラーニング体験講座−“学び合い場”を創り出すために−』
URL:http://2013.libraryfair.jp/node/1606
コーディネーター:野末俊比古
ファシリテーター:岡部晋典、鈴木夕佳
主催:株式会社内田洋行
日時:2013年10月29日(火)10:00〜11:30

[内容]
1.アクティブ・ラーニングの説明
 (野末俊比古)
2.ICTツールの紹介
 (野末俊比古)
3.同志社大学ラーニング・コモンズの説明
 (岡部晋典、鈴木夕佳)
4.アクティブ・ラーニング(グループワーク)の実践
 (野末俊比古、岡部晋典、鈴木夕佳)
 ・6人程度のグループに分かれる
 ・隣の人に30秒で自己紹介
 ・それを受けて、グループ全体に他己紹介
 ・マインドマップの実践
  ・個別にマインドマップを作成後、グループ内で情報共有
  ・テーマ1:京都
  ・テーマ2:学食
 ・リッテルナビゲーターの紹介

[メモ]
・最初からブランチのあるマインドマップ。強制的に書き出すための仕掛けだそうです。
・リッテルナビゲーターというツールの紹介。
←放射状のインターフェースでおもしろいです。リッテルナビゲーターのインターフェースは、マインドマップと相性がよさそうです。

(参考)
マインドマップ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97
リッテルナビゲーター
http://www.kinokuniya.co.jp/03f/denhan/littel/littel.htm



学術情報リテラシー教育の現在〜東京大学の活動を中心に〜』
URL:http://2013.libraryfair.jp/node/1601
講師:成澤めぐみ
主催:丸善株式会社
日時:2013年10月29日(火)13:00〜14:30

[内容]
1.学術情報リテラシー教育とは
2.大学での情報リテラシー教育
3.東京大学学術情報リテラシー教育活動
4.東京大学の講習会さまざま
 ・学内オープン
 ・オーダーメイド
 ・部局共催
 ・分野特化型
 ・初年次教育との関わり
5.リテラシー用サイト運営・資料作成
6.各種広報、情報発信
7.他大学の取り組み
8.学術情報リテラシー教育のこれから
 ・大学の変化
 ・ツールの変化
 ・視点を変えてみる

[メモ]
学術情報リテラシー担当は、常勤職員2人、非常勤職員1人の3人。
・3人で年間176回の講習会を実施。1回の受講者は、平均10人。
・学内オープンというのは、予約なしで参加できる講習会。2013年度は、受講者0人のときが一度あった。15分待って中止。
・講習会は、15時以降に開催すると、やはり人が集まりやすい。
・講習会を実施するときのコツ1:あえて分野を絞ることで「自分に役立ちそうなもの」であると気づかせる。例えば、「自然科学系のためのWeb of Science」、「人文社会科学系のためのWeb of Science」。
←なるほど!
・講習会を実施するときのコツ2:学術情報リテラシーが必要とされる場面の想定、把握によるニーズの掘り起こし。
・オリジナル教材作成のコツ1:研究室、関連部局サイトから例題用キーワードを拾う。
・オリジナル教材作成のコツ2:部局図書館のサイトからシラバス掲載図書を調べる。
・「教員の口コミによる講習会の新規発注。1つのオーダーが次のオーダーへ。
←いいサイクルですね!
・同じ検索例題を使って、各データベースの売りになる部分・検索方法の違いを見せる。
・各講習会によって、有効な広報手段は異なる。

・『文章チュータリングの理念と実践―早稲田大学ライティング・センターでの取り組み』という本がオススメ。
・図書館だけで完結しない学術情報リテラシー教育へ。教育・研究活動との連携、大学運営の支援を視野にいれる。
・大学にふさわしい学術情報リテラシー教育はそれぞれ異なる。だから、「東京大学とウチは違う」で終わらせない!小規模大学・単科大学の強みを考える。
・参考として、実際に作成し使用した教材が配布された。
←情報量が多いです!
・自分でテキスト(教材)をつくることが、スキルアップにつながる!



『DRF10:躍動するオープンアクセス【第3部】機関リポジトリはここまで来た、そしてどこへ向かうのか』
URL:http://2013.libraryfair.jp/node/1613
司会:杉田茂樹、鈴木雅子
登壇者:尾城孝一、佐藤翔、加藤信哉、三隅健一
主催:デジタルリポジトリ連合(DRF
日時:2013年10月29日(火)15:30〜17:00

[内容]
1.デジタルリポジトリ連合総会:DRFの今後の活動に向けたオープンディスカッション
 (三隅健一)
 ・DRF活動報告
 ・デジタルリポジトリ連合今後の運営について
2.講演:国公私立大学図書館協力委員会-国立情報学研究所「機関リポジトリ推進委員会」と今後の展開
 (尾城孝一)
3.パネルディスカッション
 ・登壇者:尾城孝一、佐藤翔、加藤信哉、三隅健一

[メモ]
・総会としての意味合いが強く、自分にはイマイチでした……。やっぱり参加対象・参加目的は重要ですね。でもDRFの雰囲気は分かりました!



図書館総合展大交流会2013』
URL:http://2013.libraryfair.jp/node/1918
会場:ラ・パウザ 馬車道
会費:3000円
定員:100名
主催: 図書館総合展運営協力委員
後援:図書総合展運営委員会
日時:10月29日(火)19:00〜21:00

[メモ]
・運営者に感謝です!ありがとうございました!
・klisの先輩たちとお会いすることができました。
・お互いTwitterでしか知らなかった人たちと実際にお会いすることができました。
・抽選会の景品が想像以上に豪華でした!

(参考)
図書館総合展大交流会2013の報告と運営手法について
http://shibure.hatenablog.com/entry/2013/11/06/235951



以上が、10月29日(火)に参加したフォーラムでした!



(関連サイト)
第15回 #図書館総合展 関連まとめ
http://togetter.com/li/584315
第15回図書館総合展の個人的なふりかえり
http://cheb.hatenablog.com/entry/2013/11/02/190726
図書館総合展で印象に残った展示など
http://yawatosho.hateblo.jp/entry/2013/11/01/010642
図書館総合展中間報告
http://hitsujitoshokan.blog.fc2.com/blog-entry-188.html
E1502 - 図書館総合展フォーラム「情報を未来につなげるCAポータル」
http://current.ndl.go.jp/e1502
フォーラム「ここが図書館情報の最前線!! ―情報を未来につなげるカレントアウェアネス・ポータル―」 (2013年10月30日:図書館総合展
http://togetter.com/li/584585
第15回 #図書館総合展 The University Library of the Future− #大学図書館の未来
http://togetter.com/li/584414
The University Library of the Future−大学図書館の未来− 1/2
http://www.ustream.tv/recorded/40342463
The University Library of the Future−大学図書館の未来− 2/2
http://www.ustream.tv/recorded/40344232
あなたはいないだろう:行かなかった図書館総合展から
http://d.hatena.ne.jp/shomotsubugyo/20131111/p1
図書館総合展大交流会2013の報告と運営手法について
http://shibure.hatenablog.com/entry/2013/11/06/235951